運輸安全マネジメントの取り組み

株式会社太基運輸では、輸送の安全確保が最も重要であることを自覚し、法令の遵守はもとより安全に関して継続的に改善を行い、 環境にも配慮した運転をすることで無事故社会の実現に寄与し、誰からも信頼される物流企業を目指します。
また、旅客輸送の安全に関し、人命の尊重が最大の使命であり、役員・社員が一丸となって輸送の安全・安心に全力に取り組んでまいります。


輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全管理体制の維持、向上に向け輸送安全の確保に主導的な役割で遂行します。
  2. 輸送の安全に関する、法令・規定を遵守し安全最優先で職務を遂行します。
  3. 輸送業務を行う全社員に対し輸送の安全に関する教育を徹底します。
  4. 健康管理体制を強化し、事故防止に努めます。
  5. 輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。


 

社内への周知について

    ・ 社内専用SNS、掲示、回覧等で周知します。


輸送の安全に関する教育

  1. 乗務員教育の実施
    ・ 関係法令及び社内規定に沿い、社内年間教育計画に基づき毎月実施します。
  2. 専門機関による安全講習会
    ・ 国土交通省、自動車事故対策機構、その他関係各所が主催する輸送の安全に関する講習会などへ、社長、管理者が積極的に参加します。
  3. ヒヤリハット情報の活用
    ・ ヒヤリハット情報の収集及び原因分析。
    ・ ミーティング等で情報交換し、事故、トラブルを防止する。
  4. 健康管理に関する事故防止対策
    ・ 法令に基づき、乗務員の健康診断を実施する。
    ・ 健康診断結果に基づいた個人面談の実施。
    ・ 健康起因事故についての重要性の認識。


輸送の安全に関する目標及び達成状況

※ 2019年達成状況

2019年1月1日~2019年12月31日                 
貨物旅客
人身事故件数0件0件
車両事故件数1件0件
物損事故件数3件0件
軽微な事故件数11件0件
車内事故(旅客のみ)0件

※ 2020年目標

2020年1月1日~2020年12月31日                 
貨物旅客
人身事故件数0件0件
車両事故件数0件0件
物損事故件数0件0件
軽微な事故件数0件0件
車内事故(旅客のみ)0件


※2019年 自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりません。

目標達成のための計画

  1. 乗務員教育の実施
  2. ヒヤリハット情報の収集及び原因分析
  3. 専門機関等による定期的な講習
  4. 日常点検・定期点検の強化
  5. 関係法令遵守の重要性を周知徹底
  6. 健康管理の徹底


我が社における輸送の安全に関する情報交換方法

  1. ミーティング時の意見交換
  2. 個別相談
  3. 講習会参加者による資料等内容の展開
  4. 社内専用SNSによる情報交換


輸送の安全に関する予算等(旅客輸送のみ)

2019年予算実績(バス購入費除く)     
車両整備費合計560万円
デジタルタコグラフ導入費
運行管理システム導入費・管理、使用料/年
ドライブレコーダー導入費
輸送の安全に関する教育費、その他

2020年予算計画(2営業所新設予定)(バス購入費除く)       
2営業所新設費合計2,197万円
車両整備費
デジタルタコグラフ導入費
運行管理システム管理、使用料/年
ドライブレコーダー導入費
輸送の安全に関する教育費、その他


安全管理規定

こちら⇓
太基運輸安全管理規定.pdf

 

情報セキュリティ方針

株式会社太基運輸は、輸送の安全を第一に考え、お客様はもとより、当社のサービスに関わる全ての人々の満足を得る事を目標とし、安全・安心・信頼される会社を目指す。

行動指針

  1. 情報資産の機密性、完全性、可能性を確実に保護するために組織的、技術的に適切な対策を講じ、変化する情報技術や新たな脅威に対応する。
  2. 全従業員に情報セキュリティ教育の実施と方針の周知徹底をはかり、意識の高揚・維持に務める。
  3. マネジメントシステム及び、情報セキュリティに関する目的を設定し、定期的にレビューし、継続的に改善を実施し、維持する。
  4. マネジメントシステムを実行・維持・改善して行くために管理責任者に責任と権限を委譲する。

2019年1月1日
株式会社太基運輸
代表取締役 赤山太乙